■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

生ハムと生クリームのペースト
春に行った『押入れのワインを開ける会』以降、2回ほどお客さんをお迎えして食事を共にしたのだが、毎回好評だったのが『生ハムと生クリームでつくるペースト』。

ちょっとトーストした薄切りのフランスパン(バケットやバタール)の上に乗せて食べると最高だ。

これを口にした人からは必ずと言っていいほど『何が入っているんですか?』『どうやって作るんですか?』と訊かれる。

最も簡単で短時間に作れるのにとても喜ばれるクロスティーニ(イタリア版ブルスケッタ)の具。今回はこれを紹介したい。

生ハムのペースト
▲奥のココット皿のものが生ハムと生クリームのペースト。その左は豚バラ肉のリエット、手前はゴルゴンゾーラとパルミジャーノのチーズ盛り合わせ。

基本的には生ハムと生クリームをフードプロセッサ(或いはミキサー)に入れてスイッチを入れるだけの簡単なもの。水気もなく小さな容器で運び易いので、持ち寄りのパーティなどでも重宝する。

材料さえ揃えれば、比率などは適当。どうやっても失敗はないと思うので是非作ってみて欲しい。

*** 準備 ***

材料:
生ハム切り落とし・・・・・・・・・・・・1パック(100 g)
生クリーム・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ(100 ml)
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当(大さじ2~3)
コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・少々

*** 調理の前に ***

生ハムはフードプロセッサーにかかり易いように、包丁を入れて適当な大きさにしておく。家長は数センチ幅の短冊状や角切りにしたりするが、必ずしもやる必要はない。

*** 調理(というほどのものではないけど) ***

材料をすべてフードプロセッサーかミキサーに入れて、フタをしてスイッチを入れる。
少し回してはスイッチを切り、フタを開けて状態を確かめながら好みの硬さに仕上げる。

【 ふたこと、みこと 】

材料にフランスパン(バケット)のスライスをいくらか加えるというレシピもあるが、これはペーストの滑らかさに関係してくるのだと思う。家長は、手もとにパンがあれば加えることにしている。理屈からするとパン粉でもいいのだと思う。

家長の場合、生ハムは前に紹介したような切り落としの特価品を使っている。会社によって塩かげんが違っているので、あまりに薄味だと感じた場合は少し塩を振ったほうがいいと思う(ほとんどの場合、そんな必要はないと思うのだけど)。

生ハムは切り落としでないちゃんとしたものを使ってもいいのだけれど、品質にこだわった値の張るものを使うのはもったいない気がする。
スポンサーサイト


イタリアン | 11:25:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad