■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ボンゴレ・ロッソ
ボンゴレ・ロッソ

今回はアサリのトマトソースの赤いパスタ、ボンゴレ・ロッソのレシピを紹介する。アサリのオイルソースの白いパスタ、ボンゴレ・ビアンコをトマトソースで赤く色づけたものと考えれば分り易い。

作りおきしておいた簡単トマトソースを使う。

*** 準備 ***

材料(4人分):
パスタ(スパゲッティーニ) ・・・・・・・400 g
トマトソース ・・・・・・・・・・・・・・4人分
アサリ ・・・・・・・・・・・・・・・・・2パック(〜500 g)

ニンニク ・・・・・・・・・・・・・・・・2片
赤唐辛子 ・・・・・・・・・・・・・・・・2本
オリーブオイル ・・・・・・・・・・・・・大さじ4(60 cc)
白ワイン ・・・・・・・・・・・・・・・・100 cc

イタリアンパセリ ・・・・・・・・・・・・適当

*** 調理の前に ***

アサリは砂抜きする。
3%の塩水にひたひたになるようにつけて最低2時間ぐらい放っておく。

ニンニクのオイルソースを作り始める前にアサリをザルに移し水気を切っておく。

作りおきしておいた(冷凍保存の)トマトソースは解凍して鍋で温めておく。

*** 調理 ***

1.ボンゴレ・ビアンコのレシピの要領でアサリの出汁ソースを作る(殻が開いたアサリを取り出してソースを煮詰める方法だ)。

2. 火にかけ半分くらいに煮詰めたアサリの出汁ソースにトマトソースを加えてよく混ぜる。ソースが沸騰したら弱火で保温する(或いは火を止めてもいい)。

3.パスタをゆで始める

4. ゆで上がったパスタのお湯を切り、2のフライパンへ移し入れ,トングと菜箸でトマトソースをよく絡ませる(このタイミングで家族を呼ぶといい)。

5. パスタを皿に盛り、先に取り出しておいたアサリを乗せ、パセリのみじん切りをふって食卓へ運ぶ。

【 ひとこと 】

家長はボンゴレ・ビアンコには直径1.4 mm のロングパスタ、フェディリーニを使い、ボンゴレ・ロッソでは1.6 mmのスパゲッティーニを使ったが、最初はこだわらなくていい。身近にあるもので作って楽しもう。

今回、家長はフライパンからアサリの身を取り出さずに、出しソースを煮詰めて、トマトソースを加えた。アサリの殻にもトマトソースが絡んでいた方が写真映えるすると思ったからだ。だから、自分が作ったものとブログの写真の様子が違っても気にしない。

前回、キッチンが油で汚れるという話をしたが、トマトソースの時にも気をつけなければいけない。トマトソースは煮詰めて濃縮しているぶん粘度が高い。沸騰するとプクプクと泡を吹きながら赤いオイルを飛び散らす。木べらでかき混ぜていれば大丈夫だが、いつまでもかき混ぜ続けることはできないので、アサリの出汁ソースとトマトソースをよく混ぜて、一度沸騰したら火は消しておこう。冷えたら再び火をつけて温めればいい。

トマトソースに限らないが、料理する時はエプロンを着けた方がいい。レンジ周りや壁にオイルが飛んでも拭き取ることが出来る。しかし衣服に付くと面倒だ。普通、家にお父さんのエプロンが常備されているとは思えないので、妻や娘に借してもらおう。フリフリの付いたピンク地の花柄で気がすすまなくても汚れるよりはマシだ。ただ、宅配便や新聞の集金が来たときの対応が大変だろうから、時期をみて自分専用のエプロンを購入するといい。

スポンサーサイト


イタリアン | 22:15:08 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ペペロンチーノが好きなので、いろんなペペロンチーノにチャレンジして下さい!!
2011-06-15 水 09:34:52 | URL | ペペロンチーノ大好き野郎 [編集]
ペペロンチーノ大好き野郎さん、コメントありがとうございます。

私も妻もペペロンチーノ好きです。素のペペロンチーノは麺の味を楽しめますが、有り合わせや旬のものをちょこちょこっと調理して乗せてやるとまた別の美味しさを楽しむことができます。近いうちにそんなパスタを紹介しますので、乞うご期待。
2011-06-15 水 20:22:08 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad