■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ラム肉のキーマカレー
ラムのキーマカレー

前回、たまたま入った外国人向けのスーパーでアーティチョークを見つけたという話をしたが、実はその時、もう1つ別の珍しい食材を目にしていた。

それはラムの挽肉。見たとたんに、キーマカレー!と思った。

家長が持っているキーマカレーのレシピには必ずと言っていいほど『インドではラムの挽肉を使う』と書いてあるからだ。

どんな味のカレーになるのだろうと、とても興味が湧いたのだが他にも色々と用事があったのでその時は買うのを断念した。

ところが、先日、近所の肉屋さんに焼き肉用冷凍ラムスライス(ニュージーランド産)があるのを発見する。それで1パック(約500 g)を買って帰り、家で挽肉にすることに‥

フードプロセッサーで挽肉をつくる

凍ったままの肉を包丁で適当な大きさに切り、フードプロセッサーに詰めてブーンと粉砕したら上の写真のようにきれいな挽肉 (状) になった。

これを使ってさっそく調理する。レシピは前に紹介した通りで、単に挽肉の種類が変わっただけ。

ラム肉には独特の匂いがあり、それを好む人もいれば嫌いな人もいる。しかし、カレーにすると香辛料がいいバランスで臭みを中和しつつもワイルドな香りは残してくれるので、個性ある美味しい一品となった(と思う)。

実際、妻も娘も気に入ったようで「また作って!」とリクエストをもらうことになった。

もし、どこかでラムやマトンの肉を見つけたら挽肉にしてキーマカレーを作ってみてはいかがだろう?
スポンサーサイト


カレー | 01:11:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad