■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いなだアボガド丼
めっきり寒くなってしまった。

こんな季節には暖かい食事がいい。グラタンとかラザニア、肉の煮込みにアクアパッツア、チーズホンデュ、などなど。

しかし、今回紹介するのはこの前振りとは全く関係ない “いなだとアボガドの丼”。
アボガドが安かったので思わず手にしたらこういうメニューとなった。

この丼、ほとんどが妻の手によるもの。家長はいなだのサクに包丁を入れただけだった。ブログタイトルは『妻と娘がよろこぶレシピ』なのだが、時々はこういうのもいい。

一見、涼しげだが、いなだとアボガドの下に盛られた酢飯がほかほかで、みそ汁などの汁物を添えれば十分に身体が温まる。

いなだアボガド丼

*** 準備 ***

材料(4人分):

いなだ (ハマチ)・・・・・・・・・・ ・・・・・・1~2サク
アボガド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2~3個
大葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当
酢飯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2~3合

醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当
わさび・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当

*** 準備 ***

アボガドは適当な大きさのさいの目に切っておく(下記のURLを参照頂きたい)。
http://cookpad.com/recipe/699691

いなだ(はまち)は適当な厚さの切り身にしておく。

酢飯を作る。
我が家はお酢はミツカンの穀物酢を使っているのだが、そのビンのラベルの脇の方に酢飯の作り方が書いてあるので、それを参考にしている。下にその写真を載せておいた。『おすし』というところを見てもらいたい。
酢めしの作り方

*** 組み立て ***

1.丼に好きなだけ酢飯をつぐ。

2.表面を平にして大葉を敷き詰め、その上にいなだの切り身とアボガドを乗せる。

3.少量のワサビを醤油で溶いて丼の上から回しかけたら完成。

【 ひとこと、ふたこと 】

大葉の代わりに、海苔を適当に敷き詰めてもいい。

酢飯を作るのが面倒ならば、炊きたてのご飯をそのまま使おう。
スポンサーサイト


和食 | 00:34:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad