■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

生ハムのカルボナーラ:「生ハム切り落とし」の使い勝手(2)
前回は豚フィレ肉のサルティンボッカで、生ハム切り落としの使い勝手について書いたが、再度この切り落としを使った料理を紹介したい(さらにもう一品紹介したいものがあるのですけど)。

今回は、カルボナーラに使う厚切りベーコンやパンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)の代わりに使うのがお勧めという話。

生ハムにはけっこうな塩気があるので、これがいい味付けになってなかなか美味しい。
パンチェッタほどの質感は望めないが、安価なのが魅力に感じられる。

生ハムのカルボナーラ

作り方は簡単、前に紹介したレシピの “ベーコン” の部分を生ハムの切り落としに代えるだけ。しかし、せっかくなので再度書いておく。

*** 準備 ***

材料(4人分):

パスタ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・320~400 g
タマゴ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4コ g
生クリーム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ(100 cc)
パルメザンチーズ ・・・・・・・・・・・・・・・大さじ4〜8

生ハム切り落とし ・・・・・・・・・・・・・・・100~150 g
白ワイン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50 cc
オリーブオイル ・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1(15 cc)
黒コショウ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当

*** 調理の前に ***

卵と生クリームは冷蔵庫から出して室温に戻しておく。

生ハムの切り落としはパックから出し、塊のまま短冊状に切っておく。

パルメザンチーズは適当な量をすり下ろしておく。

*** 調理 ***

1.パスタをゆでるためにお湯を沸かす。

2.卵と生クリームのソースを作る:
ボウルに卵を割り入れ、菜箸で溶きながら生クリームを注いで混ぜる。更にすり下ろしたパルミジャーノチーズを加え、よく混ぜる。黒こしょうを振り入れて更に混ぜておく。

3.生ハムを調理する:
フライパンに少量のオリーブオイルを入れ中火で熱し、生ハムを入れる。重なって塊になっている生ハムがほぐれてバラバラになるまで炒めたら、強火にして白ワインを加える。水分を飛ばしたら火を止めて待つ。

4.パスタをゆで始める。ゆで終わる前に3のフライパンに火をつけて少量のゆで汁を加える。前後に細かく揺すりながら全体をよく馴染ませる。また火を消す。

5.ゆで上がったパスタのお湯を切り、フライパンに入れ、菜箸やトングを使ってよく和える。さらに2の卵と生クリームのソースを加え、よく和えたら出来上がり。

【 ひとこと 】

この料理はパルマ産の生ハムみたいな高価なものを買いわざわざ作るものではない。安い切り落としを使ってこそのもの。生ハム切り落としの利用法の一つとして気軽に考えてもらいたい。
スポンサーサイト


イタリアン | 13:42:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad