■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

パスタをゆでる
ここのところ輸入食材店に並んでいるパスタやトマトの水煮缶、オリーブオイルが最安値を更新している。円高のおかげだ。

ディチェコ(De Cecco)のパスタは180円を切り、トマトの水煮缶も70円台に突入していた。これはもう、『今後ずっとイタリンを作り続けなさい』というお告げに違いなかった(いったい誰からのお告げだろう‥)
信心深いところに妻の励ましもあり、家長は “フェディリーニ” と “スパゲッティーニ” の2種類のパスタ、そしてトマトの水煮缶をそれぞれ1箱ずつ買ってしまった。

どれも1箱2ダース入りなので、ざっと見積もってトマトソースが96食分、パスタが200食分だ。パスタだけで今後半年から1年は週末シェフに徹しなくてはならない(お告げは妻のものだったのかも知れない‥)

ところで、ロングパスタの呼び名が麺の太さによって異なるのを知っているだろうか?家長は料理を始めるまで知らなかった。ディチェコ というイタリアのメーカーのパスタは番号付けまでされていてとても分り易い。下の写真を見て欲しい。右から順に直径1.6 mmのスパゲッティーニ(No. 11)、1.4 mmのフェディリーニ(No. 10)、0.9 mmのカッペリーニ(No. 9)だ。

よく使うロングパスタ

ペペロンチーノのようなオイル系パスタには少し細めのフェディリーニを、トマトソース系やクリームソース系ソースが絡むには1.6 mmぐらいのスパゲッティーニを使うのがいいらしい。極細のカッペリーニは主に冷製パスタに使う。

ちなみに、誰もが良く知っている “スパゲッティー(No. 12)” は直径1.9 mmとかなり太い。これはあくまでもディチェコ製品の規格なのでメーカーによって多少異なる。多くの場合、包装に麺の直径とゆで時間が記されているので、確認してから購入しよう。

*** 主なロングパスタの種類 ***

種類 (名称)       太さ (直径)    ゆで時間
スパゲッティー ・・・・・ 1.9 mm ・・・・・ 12分
スパゲッティーニ ・・・・ 1.6 mm ・・・・・ 9分
フィデリーニ ・・・・・・ 1.4 mm ・・・・・ 6分
カッペリーニ ・・・・・・ 0.9 mm ・・・・・ 2分

*** 準備 ***

パスタ:1人分 は 80 g ~ 100 gぐらいが目安
 
 お湯:パスタ100 g(1人分)にお湯1リットルぐらいが目安
  
  塩:お湯が沸騰したら、塩が1%強になるように加える。
    少ししょっぱいと思うくらいが目安。

*** ゆでる ***

1. 沸騰したお湯にパスタをパラパラとばらして入れて互いがひっつかないようにする。

2. 菜箸などを使ってパスタ全体を素早くお湯に浸かるようにする。
  タイマーをパスタ袋に書いてあるゆで時間より1分少なくセットする。

3. 再沸騰したら、パスタを2〜3回混ぜて、吹きこぼれないように火力を弱める。
  たまに思い出したようにかき混ぜる。

4. ゆで時間の1分前になったら(タイマーが鳴ったら)菜箸でパスタを1本取り出し、
  噛んで固さを確かめる。できればアルデンテと呼ばれるコシのある状態が良い。

  冷製パスタにするときは冷水で冷やして麺が締まるので、しっかりゆでる。
  袋に書かれている時間よりも少し長めにする。

5. パスタをザルにあげ、お湯を切る。

【 ひとこと 】

どんなレシピにも、パスタはアルデンテに仕上げるように書いてあるが、人それぞれ好みが違う。(自分の)妻や娘たちが美味しいと感じてくれるゆで具合を試行錯誤しながら見つけるのがいい。調理を重ねて行くことが近道だ。

ちなみに、片岡護シェフによれば麺の固さを確認する場合、断面を見てチェックできるとのこと。茹でた麺を指でちぎって断面を見た時に髪の毛ほどのわずかな芯が残っているのがアルデンテの目安だとか。もちろん、実際に麺を口にいれ、歯ごたえを確かめねばならない。

決して家長はディチェコの宣伝マンではない。このメーカーのパスタを使い出したのはたまたま特売品を買ったのがきっかけだ。美味しくて気に入ってはいるが、割高(500 g 200円以上が家長の目安)だと感じれば当然他のメーカーのものを吟味する。大切なのは妻と娘に喜んでもらおうという気持ちだ。お父さんがそう思って料理すればどこの何を使おうが問題ではない。きっと楽しい食卓になる。
スポンサーサイト


イタリアン | 22:58:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad