■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

トマトとポテトのサラダ風
見た目はサラダのようだけど、“サラダ風”って、サラダじゃないの? 
タイトルが変じゃない? と言われそうだ。

今回家長が作りたかったのは、サラダのようではあるけれども十分にお腹にたまるもの、主食になるもの。

ごはんやパンの代わりなので、愚直な家長はサラダではなくて “サラダ風” と書かずにはいられなかった(本当はサラダでもいいのだけれど)。

トマトとポテトのサラダ風

以前、大学時代の先生のお宅でいただいたものをヒントに作ってみたのだが、家族に大好評だった。ちょっとした肉料理や魚料理と一緒に出すとお腹いっぱいになる。

食卓の彩りにも一役買って、パーティーメニューにもいいのではないかと思う。是非、お試しを。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます。


*** 材料(4人分) ***

ジャガイモ(中)・・・・・・・・・・・4~6個
トマト(中)・・・・・・・・・・・・・4個
玉ねぎ(小)・・・・・・・・・・・・・1個
バジル(生)・・・・・・・・・・・・・適当(1枝ぐらい)
ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・1片
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当
コショウ・・・・・・・・・・・・・・・適当
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・大さじ2~4

*** 調理 ***

1.トマトは湯むきして1センチ角ぐらいのダイス状に切り、果肉だけをボウルに入れる (面倒ならトマトは湯むきしなくてもいい)。

2.玉ねぎをみじん切りにして適当に塩をして(混ぜて)5~10分間置いた後、手で絞って水分を切る。

3.1のボウルに2の玉ねぎを入れ、ニンニクを潰して入れる。そこにオリーブオイルとバジルの葉をちぎって入れ、よく混ぜたら冷蔵庫で30分以上寝かせる。

4.ジャガイモの皮をむき、1~1.5センチ 角に切ったものをボウルに入れ少量のオリーブオイルを垂らしてよく混ぜる。ジャガイモの表面にオイルが付いたら耐熱ガラスに入れ、パラパラと塩を散らし、オーブンに入れる。表面がうっすらと茶色になる程度に焼く。
(オーブンによって異なると思うが、家長の場合は200℃で30分程度だった)。

5.オーブンからジャガイモを取り出して粗熱がとれたら、冷蔵庫に寝かせておいた3のトマトを加え、和えたら出来上がり。

【 ふたこと、みこと 】

ジャガイモはオーブンで焼く代わりに素揚げにしてもいい。

トマトの調理部分はケッカソースを作ると思えばいい。今回、玉ねぎのみじん切りが加わっているところが異なるが、玉ねぎが無ければ無いで構わない。

材料の量はジャガイモの大きさやトマトの大きさで変わってくる。特にどうしなければいけないということはない。トマトが好きであればトマトを増やし、ジャガイモをもっと食べたければそのように増やせばいい。量はお好みで変えてもらいたい。
スポンサーサイト
その他 | 00:51:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad