■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ノンアルコールワイン
3年ほど前だろうか、キリンがノンアルコールビールなるものを大ヒットさせた。その後競合他社が追随し、今ではそれらがスーパーの棚を賑わせている。

しかし、ノンアルコールのアルコール風飲料はビールだけではない。実はワインにもそういうものがあるのだった。

好奇心旺盛な家長はどうしてもその味が知りたくて、4種類の国産ノンアルコールワインを手に入れた。夕食どきに家族で飲んでみることに。

ノンアルコールワイン
▲右がメルシャンのメルシャンフリー・スパークリング のロゼと白。1本360 mlで400円ちょっと。左はシャトー勝沼のKatsunuma Grape の Rouge(赤) と Blanc(白)。1本 720 ml で 980円。 Blanc の方は既に栓が開いている。

我が家で唯一未成年の下の娘が目をくるくる動かしながらでワイングラスの前に座っている。ワクワクしているのが分る。だから期待に応えていっぱい注いであげた。

『カンパーイ!』

グラスを目の高さまで持ち上げてから口に含んでみる‥ (何だこれは‥)

しばしの沈黙の後、好奇心ではち切れんばかりだった娘が少し戸惑いながら口を開いた。『ワインって美味しくないブドウジュースって感じ?』

家長も困って『あ〜、そうね‥ そうそう、お酒って別にそんなに美味しいものではないからね‥』などと適当に応えていると、『じゃあ、美味しいブドウジュース飲んだ方がいいんじゃない?そうしたら家族みんなで飲めて幸せ〜ってなるでしょ?』

『ああ‥ なるほどね、そういう考え方もあるかもね‥』と手許の “ワインもどき” を飲み干して皆の方を見る。上の娘と妻が下を向いて笑っている(ようだった)。

『おかわりする人?』とビンを持つと、誰も手を挙げなかった。
これならそうだろうなと思う。あとは家長が責任を持って飲むことに。

それはそうと、この “ワインもどき” を飲む時のシチュエーションとはいったいどういうものなのだろう?

あ、そうか、今のうちのような状況なんだ‥

まあ、でも、話の種にはいいですよ、こんなに買い揃えたりさえしなければ。
スポンサーサイト


ドリンク | 10:30:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
外国産のノンアルコールワインはないのでしょうかね?

話だけ聞いていて、まだ飲んだことはないのですが、ノンアルコールのビールもベルギー産のものとかだととても美味しいらしいのですが。。。
2012-08-20 月 22:08:01 | URL | アキラ [編集]
アキラさん、コメントありがとうございます。

日本のように0.00%以下ではありませんが、いわゆるノンアルコールワインはもちろん外国にもあります。
つい先日、性懲りもなくドイツ産のシュロス・ツェルというローアルコールスパークリングワインを買いました。一旦ワインを作っておいて、後からアルコールをを除くのだそうです。それでアルコールは0.15%ぐらいだとか。飲んでみると、こういうのが有ってもいいかな、と思える味でした。
下の娘に味見してみる?と訊いたのですが、『もう、いいよ』ですって(笑)

そのベルギー産のビール飲んでみたいですね。
2012-08-20 月 22:43:40 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad