■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

豚ロースステーキのカポナータ添え
家長がまだ小さかった頃、夕暮れ時になるとあちこちの家から美味しそうな匂いがしてきたものだが、最近ではとんとそういうことが無くなってしまった。無味無臭無菌の世の中になって来た気がする。

そんなことを考えながら家路を急いでいたら、珍しいことにどこからともなく美味しい匂いがしてきた。

「あっ、豚肉を炒めてる!」とすぐに分る。お陰で駅に着くまでの間、頭の中を色々な豚肉料理が駆け巡って行き、改札を抜ける頃には『よしっ、今週末は豚肉料理だ!』と決心することになってしまった。

という訳で今回は豚ロース肉のステーキを紹介する。前回作って保存しておいたカポナータをソースとして添えてみた。

豚ロースステーキのカポナータ添え

簡単なのに豪華に見える今回の料理。カポナータを添えることで栄養のバランスも良くなる。妻はもちろん食べ盛りの娘たちには大好評だった。

是非、みなさんも!

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます。


*** 材料(4人分) ***

豚ロース肉・・・・・・・・・・・・・・4枚(1枚100~150 g)
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・適当
コショウ・・・・・・・・・・・・・・・適当
ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・ステーキを焼く度に1~2カケ
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・ステーキを焼く度に大さじ1

カポナーター・・・・・・・・・・・・・適当(4人分)

*** ステーキを焼く前に ***

冷凍保存していたカポナータは解凍し、フライパンや鍋に入れて温めておく。

豚ロースは下の写真のように肉たたきで薄く伸ばしたら、両面に塩コショウをしておく(肉をたたくのにはスジや弾性構造を壊して肉を柔らかくする効果と、薄くして火を通り易くする効果がある)。

肉を叩いて伸ばす
▲肉は脂肪部分のところどころに包丁で切れ目を入れ、肉たたきで伸ばす。こうすると元の1.5〜2倍ぐらいの大きさになる

*** ステーキを焼く ***

1.フライパンに潰したニンニクとオリーブオイルを入れて火を点け、弱火でニンニクの香りをオイルに移す。

2.ニンニクから小さな泡が立ち、薄く焦げ目が付いたら、中~強火にしてフライパンを熱し、豚ロース肉を入れて焼く(肉を入れる前にオイルを全体に伸ばしておき、その上に肉が接するようにする)。最初はフライ返しなどを使って肉をフライパンに押しつけながら表面をムラなく焼く。

フライパンで肉を焼く
▲調子に乗って肉を大きくし過ぎた結果、直径26センチのフライパンで1枚の肉しか焼けなくなり、のべ4つのフライパンをつかう羽目になった。

3.時々フライパンを細かく前後に揺らしながら肉が焦げ付かないようにしながらしっかり片面を焼いたら、中弱火にして肉の内部にも火が通るようにする。

4.肉上面に肉汁がしみ出てきたらもうしばらく(1~2分)焼いてから肉をひっくり返し、火を少し強めて焼く。

5.表面に焦げ目が付いたら皿に移しカポナータを肉の上に盛って完成。食卓へ運ぼう。

【 ひとこと、ふたこと 】

肉の味付けは塩コショウでいいのだが、以前紹介したような岩塩ベースのハーブ調味料『クレイジーソルト』やローリー社の『シーズンド ソルト』などを使っても美味しい。

今回、アメリカ在住の友人がプレゼントしてくれたPenzeys Spices (ペンゼイズ・スパイシーズ)という会社のハーブ調味料(下の写真)を使ってみたのだが、とても美味しかった。調べてみると日本には売っていないようだ。感謝、感謝。

ペンゼイズ・スパイシーズ
▲Tuscan Sunsetという名前のハーブ調味料。トスカーナの夕陽とでも訳せばいいのだろうか、塩は入っていないので色々なシーンに使うことができる。
スポンサーサイト
イタリアン | 11:57:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad