■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

魔法の言葉 
昨年何度か書いたのだが、家長は毎朝、宇宙の始まりを想像させられるような混沌が支配する車両で通勤している。

この混沌は小学生たちによって作られるので、春になり年度が変わるたびに様子が変化する。今年度の混沌には傍若無人という要素が強く感じられる。

今日は座席を占領し、『茶摘み』を歌いながら手遊びしているグループがあったが、もう少しで八十八夜が厄日だと勘違いさせられるところだった。

この混沌の中にいて一番大変なのが、電車を降りること。

ランドセルを背負った小学生の海の中をドアまで進んで行くのは並大抵のことではない。運良く辿りついてドアが開いても彼らはそこに立ったままで人を通そうなどとはしない。

うかうかしていると、ホームに並んでいた大人達が入ってきて、二度と外へは出られなくなってしまう。

昨日はこの苦境を乗り越えようとして奮闘した二人の人間を目の当たりにした。

1人は女子高生:
駅に着いて扉が開く。すぐ目の前にホームが広がっているのにポールに捕まった少年達の腕に阻まれて身動きがとれない。刻一刻と時間が過ぎて行く。このままではどうしようもないと思ったのか、目の前に張り巡らされた腕の中の1本をムギュと掴みねじ上げるようにポールから引き離した。顔を歪めて振り返る小学生。彼が体を引いて出来た隙間に割り込むように身体を移動させ、綱引きをするように鞄を引っ張って何とか外へ出て行った。

もう1人はスーツのおじさん:
電車がホームに滑り込み、止まった瞬間には扉の前に立とうと小学生の海の中を移動していた。女子高生よりずっと体格がいいので、力ずくで何とかドアの前に立てたのだが、扉が開いても動けない。目の前の小学生達がすき間なく並んでバリケードとなっていたからだ。無理に割り込めば子供をホームへ突き飛ばすことになり危険な状況だったが、イライラしたおじさんは『こら!どきなさい!!』と声を荒げて何とか電車から出て行った。

では、家長はと言うと、実はあまり困らずに降りることができる。それは魔法の言葉を知っているからだ。

まず、小学生の海の中に立ち、扉の方へ身体を向ける。そうしたら次に、ちょっと屈むような姿勢で下を向き、小学生たちにはっきり聞こえるように『おりま〜す』と言う。そうすると彼ら(彼女ら)はパッと顔を上げてこちらを見上げ、一応、避けてくれる。

だが、あまりにも混んでいる時にはそううまく行かない。こういう時に魔法の言葉を使う。それは、“一緒におりるぅ?” だ。言外にエヘヘヘと不気味な雰囲気を込め、楽しそうに言うのがコツだ。危ないおじさんだと思われればしめたもの。どんなに混んでいても小学生たちは慌ててサッと道を作ってくれる。

何にしても、彼ら(彼女ら)に話しかける気持ちを持つことが出来ればいいように思うのだけれど、どうでしょう?
スポンサーサイト


電車 | 23:49:46 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

★☆★☆外出があまりできない人にオススメです☆★☆★
【この記事で紹介中】魔法の言葉 
2012-06-13 Wed 01:03:24 | →まずは見てみる←

FC2Ad