■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

骨ごと食べられる サバの味噌煮
家長の料理は『あまりこだわりらず、適当に、経済的に』をモットーにしている。

しかし、この『あまりこだわらず』がくせ者だ。言い換えれば、少しは『こだわることもある』のである。

今回はサバの味噌煮を紹介したいのだが、家長がこだわったのは骨までまるごと食べられること。このこだわりのために圧力鍋を買ってしまった‥

サバの味噌煮

しかし、この新兵器のお陰でサバを余すところなく奇麗に食べることができる。カルシウムも摂れるしゴミも出ない。とても重宝しそうだ。

肝心の味噌煮の方は言うと、出来は上々。炊きたてのご飯と一緒に頂くと、日本人に生まれてきて良かったぁ‥ というぐらい感動的な美味しさだった。

骨まで食べ尽くしたいとこだわらなければ圧力鍋を使う必要はないので、是非、サバの味噌煮を試してみて欲しい。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます。


*** 準備 ***
材料:(4~8人分)
サバ・・・・・・・・・・・・・・・2尾

酒(料理酒)・・・・・・・・・・・1と1/2カップ(150 ml)
しょう油・・・・・・・・・・・・・大さじ2(30 ml)
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・大さじ6
ショウガすりおろし・・・・・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・・・・・・・2カップ(400 ml)

味噌・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ
ショウガ千切り・・・・・・・・・・適当

*** 調理の前に ***

サバは頭と尾を切り落として内臓をとり除き、1尾当り4つの筒切りにする。臭みをとるため、適当な大きさの鍋にお湯を沸かし、筒切りにしたサバを網じゃくしや穴じゃくし(お玉でもいい)に乗せてくぐらせる(3秒くらい浸かればいい)。

煮込みに使うショウガはすりおろし、飾りに使うショウガは千切りにしておく。

*** 調理 ***

圧力鍋でサバの味噌煮をつくる

1.圧力鍋に水と酒、しょう油、砂糖、すりおろしたショウガを入れて煮立ったら一旦火を止めてサバが重ならないように入れる。その後に再び火を入れて煮立てる(写真1)。

2.圧力鍋にフタをセットして、蒸気が吹き出したら弱火にして45分間加圧状態にする(写真2)。

3.時間になったら火を止めて放置する。自然に圧力が下がったらフタを開け煮汁に味噌を溶き入れ、再び加熱して煮汁が半量になったら火を止める(写真3)。

4.サバを器に盛り、煮汁を回しかけたら切りショウガを乗せて食卓へ。骨まで柔らかく美味しいサバの味噌煮の完成(冒頭の写真と写真4)。

【 ふたこと、みこと 】

写真を見て気付く方がいるかも知れないが、家長が買ったのは T-fal の圧力鍋。両手鍋タイプでとっ手が折り畳めるので収納に便利だろうと思ったのと、たまたまセールで安くなっていたので購入した。メーカーにこだわりがあった訳ではないので念のため。

圧力鍋の加圧レベルや加圧時間はメーカーによって異なる可能性がある。他のメーカーのものを使われている方にはここに書いたものが参考にならないかも知れない。それぞれの製品の取扱い説明書に従って適切な設定を行って欲しい。

家長はサバの味噌煮が作りたくて圧力鍋を買ったが、もちろんこれしか作らない訳ではない。メーカーが提供するレシピが充実していて美味しそうなものが満載だ。家族サービスの幅がより広がりそうで有り難い。
スポンサーサイト
和食 | 15:13:50 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【サバの味噌煮】
家長の料理は『あまりこだわりらず、適当に、経済的に』をモットーにしている。しかし、この『あまりこだわらず』がくせ者だ。言い換えれば『こだわることもある』のである。今回は...
2012-05-26 Sat 16:38:04 | まとめwoネタ速neo

FC2Ad