■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ティラミス
ティラミス

先日のお告げで作ったティラミスの写真をアップした。
自重でだんだんと崩れ落ちて行きそうな雰囲気だが気にしないで欲しい。

皆はティラミスと聞いてどんな形状を思い浮かべるだろうか。
家長は長い間、ブロックのような直方体の堅固なお菓子だと思っていた。

ところが、初めてこれを作ったとき全くそうはならなかった。固めのスライム、或いは溶けかけたアイスクリームのようで、『なんじゃこりゃああ‥』と松田優作を思い出した。密かに跡形もなく全てを平らげてしまい、もともと何も存在しなかったことにしようと思い詰めたほどだ。しかし、味見したらとても美味しい。おそるおそるデザートに出してみると妻と娘たちに好評だった。

その後、ティラミスとはそういう柔らかなお菓子なのだと分った(立派な直方体のものにはゼラチンが加えられている)。しかし、卵の量やフィンガービスケットへのコーヒーの染込ませ方、そして生クリームのホイップ具合などでもその柔らかさは変化する。正解はないということだ。皆がそれぞれ、これが “我が家のティラミス” と言えばそれでいい。

ここに紹介するのは料理研究家の林幸子さんが『決定版 基本のイタリアン―はじめてでもおいしく作れる! 』(主婦の友新実用BOOKS)の中に記しているものを基にしている。

*** 準備 ***
道具:
電動ハンドミキサー
大きめのボウル3つ
ゴムべらとか、木べらとか(どう使うかは自分で考えて欲しい)

材料(4人〜8人分):
マスカルポーネチーズ ・・・・・・250 g
卵黄 ・・・・・・・・・・・・・・4個分
砂糖(卵黄用)・・・・・・・・・・20 g
卵白・・・・・・・・・・・・・・・4個分
砂糖(卵白用)・・・・・・・・・・20 g
生クリーム・・・・・・・・・・・・1/2カップ(100 cc)
フィンガービスケット・・・・・・・1.5箱(30本)
インスタントコーヒー・・・・・・・1カップ(200 cc)
ココア(粉) ・・・・・・・・・・適当

*** 調理の前に ***

マスカルポーネチーズは早めに冷蔵庫から出して柔らかくしておく

*** 調理 ***

1. 卵黄をボウルに入れハンドミキサーで泡立てる。ボウルをお湯に浮かべ湯せんしながら泡立てる。泡立ての途中、3回くらいに分けて砂糖を入れる。

2. 卵白を別のボウルに入れハンドミキサーで泡立てる。ボウルを氷水に浮かべ冷やしながら泡立てる。泡立ての途中、3回くらいに分けて砂糖を入れる。

3. 3つめのボウルに生クリームを入れハンドミキサーで泡立てる。

4.柔らかくなったマスカルポーネチーズを1の卵黄に加えてヘラで混ぜ、3のホイップクリームも加えてよく混ぜる。

5.更に、2の卵白を(4に)加え、泡をつぶさないように注意して混ぜる。

6.フィンガービスケットを容器に並べ、インスタントコーヒーをかけてしみ込ませる(2段重ねにするので、2回に分けて行う)。

7.容器に5のクリームを薄く敷き、その上に6のビスケットを置く。そしてまた5のクリームの残り半分を重ね入れ、またビスケットを乗せ、最後にクリームで覆う。

8.容器にラップをして冷蔵庫に入れ、5〜6時間寝かせる(冷やす)。

9.冷蔵庫から出したら大きなスプーンやヘラのようなものを使って取り分け、ココアの粉を振りかけて完成。

10.家族から絶賛してもらう。

【ひとこと】

黄身を泡立てるのに湯せんしたり、白身を泡立てるのに冷水で冷やしたりととても面倒に感じると思う。実際のところ面倒だ。面倒だと思ったらやらなくていい。そこでやる気を削がれるより、作ってみることが重要だ。じきにその面倒なことの意味が分ってくる。

ハンドミキサーが無くても泡立て器があればいいと思うかも知れないが、あった方が断然いい。

インスタントコーヒーは苦くて飲めないと思うくらい濃く入れる。これにアマレットなどのお酒を少量加えておくと大人の味になる。

今回の分量は我が家では4人分だが、一般には8人分と考えて全く問題ない。

初めてお菓子を作ると砂糖の分量に度肝を抜かれるものだ。妻と娘たちの要望もありこのレシピでは砂糖の量をかなり減らしている。
スポンサーサイト


イタリアン | 00:36:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
>その柔らかさは変化する。正解はないということだ。
<
なるほど。
ティラミスはお店でしか食べたことがありませんが、お店によって違うのはなぜだろう?と不思議に思ってました。
そういうことだったんですね。
写真のトロッとしたティラミスも美味しそうです♪

コーヒーを入れるのですね。
知りませんでした。
インスタントコーヒーを1カップ・・、粉を1カップも入れるのかとカン違いして、ものすごい量を使うんだなと思ってしまいました。 (^_^;)
液体で・・でしたね。 (^o^)
2011-06-02 木 20:02:27 | URL | アキラ [編集]
アキラさん、コメントありがとうございます。

ティラミスのレシピには生クリームを大量に使っているものとか全く使わないものとか、卵は卵黄だけとか、フィンガービスケットの代わりにスポンジケーキを使うとか、色々あります。また、ブログにも書きましたがゼラチンを入れたりとか。それで、味はもちろん固さや見た目も変わるのです。マスカルポーネチーズを使うというところだけは共通と思いきや、クリームチーズを代用するレシピもあります(家庭用レシピだと思いますが)。

>液体で・・でしたね。 (^o^)

はい、コーヒーは液体です(笑)エスプレッソのインスタントというのをわざわざ買ったこともありますが、普通のインスタントコーヒーを濃く入れたのと区別がつきませんでした(笑)コーヒーに加えるお酒としてはアマレット(リキュール)の他、ブランデー(スピリッツ)や、マルサラ酒(酒精強化ワイン)などと書かれたものもあります♪
2011-06-02 木 20:44:09 | URL | ムーミン家長 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad