FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

タマリンド
タマリンド

今回は、インド料理などに使われる調味料のことを少し(^^)

タマリンドをご存知でしょうか?

豆科の木になる果実です。甘みと酸味があるので調味料に使われますが、家長の場合、インド料理のレシピ本に出ていた「ズッキーニのチャトニー」というのを作りたいと思い買い求めたのでした。もう10年以上も前のことです。

チャトニーにはタマリンドの他に「ヒーング」とか「ウラドダル(皮なし)」などといった材料が出てきて簡単につくれそうにないのですが、東京というのは便利なところで、アメ横に行けば手に入ります。

それで上野まで足を運んで手に入れたまでは良かったのですが、数回作ったら気が済んでしまい、以来、お蔵入りしていたのです ^^; そんなタマリンドに再び光を当てたのは妻でした。

パッタイというタイ料理を作りたいと思いレシピを調べていたらタマリンドを使うと書いてあったとか。それで、「確かウチにもそのようなものがあったよね?」と ^^;

という訳で冷蔵庫の奥から引っ張り出してきたのが写真のものなんです。大きな豆状のサヤの中身を集めてブロック状に固められています。

これを適量切り取って、お湯に浸けて放っておくとドロっとしたペースト状になるので、ステンレスメッシュのボウルなどで濾して使います。

実はコレ、賞味期限を超えてほぼ10年。妻は躊躇していたのですが、「酸が強いし腐敗臭も全くしないので問題ない、大丈夫」という家長のテキトーな言葉に背中を押されてパッタイに使ってみたのでした。

そうしたらけっこう美味しく出来上がったので(お腹も壊さないし)、それ以降頻繁にパッタイを作ることになり、タマリンドを完全に使い切ってしまいました。自分が作っていないのでレシピは紹介できませんが、タマリンドの塊が珍しいのではないかと思い紹介した次第です。

ちなみに、チャトニーの材料として紹介したウラドダルは別名ケツルアズキという豆のこと、ヒーング(日本名はアギだそうです)はセリ科の植物の根茎から出る樹液を固めて乾燥させたものです。いろんな食材があるものです (^^)

スポンサーサイト



その他 | 23:10:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ