FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

グレーティスト・ショーマンをキツネ色に炒める
いったいいつだったろう、妻と二人で映画館に行ったのは。遠いむかしむかしの話だが、何とこのこの連休にThe Greatest Showman(邦題:グレーティスト・ショーマン)を観に行った。

最近、BBC(英国放送協会)のラジオ1がやっているオフィシャルトップ40(The Official Top 40)という番組でよく流れてくるのが映画グレーティスト・ショーマンの「This is me」だ。

劇中では世の中で疎まれ隠れるように暮らしてきた髭女、レティ・ルッツが歌う。

この映画撮影前に行われたワークショップのセッションでレティ役のキアラ・セトルが歌うこの歌をYouTubeで目にしたのだが、凄く興味をおぼえてしまった。それを妻に話したら、じゃあ、その映画を観に行きましょうということになり、うん十年振りのデートとなった (^^)

いや〜 とにかく感動した!元々涙腺が弱い家長なので、(DVDなど借りてきて)皆と明るいところで観たりしなくて良かった ^^;

映画が終わったのが3時ごろ。感想は話さなかったが、夕食はどうしよう?という話にはなった(笑)そのまま都心に留まってどこか美味しいお店に入るという案もあったが、無性にカレーを作りたくなったので帰宅した。

カレーが作りたいというよりは、今日の映画のことを想いながら一心に玉ねぎを炒めたい心境だった。

その思いをキツネ色にして作ったのが下の写真。今回はなぜかカレー粉を使いたかったのでレシピは昨年の7月に紹介したものと同じだが、カルダモンパウダーは半分に減らして小さじ1にした。

出来上がったカレーを二人で食べながら映画のことを少しずつ言葉にしてみる家長だった。

映画の日のカレー

スポンサーサイト
カレー | 23:59:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ