■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

具だくさん過ぎるイワシのプッタネスカ
具だくさん過ぎるプッタネスカ

最近、ちょくちょく娘のどちらかが帰ってくる。連休でなくても‥

仕事で悩みごとでもあるのか?

いや、私生活でさみしい思いをすることがあったのか?

はたまた一人で暮らしてみたら親のありがた味が身にしみて元気なうちに家長らの顔を見ておこうということか ^^; 

まさかとは思うが、単に美味しいものをたらふく食べたいということではないだろう。

偶然だとは思うが、帰ってくるのは必ずお昼前だ。昼食は当然家で食べる。仕方ないので、家にいた頃は何が好きだったか、と妻と一緒に考えるのだが、こういう場合はだいたいパスタ料理になる。

具無しのペペロンチーノという訳にもいかないから、しっかり具の入ったものを考えるのだが、季節の食材についても考える必要がある。

それで、今回はイワシのプッタネスカを作ることにした。

レシピは前に書いた通りだが、あれは家族4人のときのもの。今回は3人だが具材の量はほぼ同じでイワシの開きが5尾にトマトの水煮が1缶(400 g)。一方パスタは少なめの3人分だ。

そうすると当然、パスタの上に溢れんばかりの具が乗ることになる。もはやスープパスタと呼んだ方がいいのではないかと思えるくらいだ。

こんな贅沢なパスタを出してくれるお店はないよと言わんばかりに『はい、お待ち!』と食卓へ運ぶと、うわぁ〜という歓声があがった(^^)

自分で言うのもなんだけど、久々のプッタネスカはなかなか美味しかった。

充実感に包まれて食後のコーヒーを飲んでいると、娘が口をひらいた。

『家長、ところで‥ 』

『うん?どうした』

『夕食は何つくるの?』

『‥‥‥』

いただきま〜す

スポンサーサイト
イタリアン | 21:54:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad