■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

フライシュ・ケーゼの出汁で作る特製《豚スペアリブのパエリヤ》
豚スペアリブのパエリヤ

ソーセージを腸詰にせずパウンドケーキの型で焼いたフライシュ・ケーゼが気に入っている。

その理由の1つは調理が簡単だから。パテ・ド・カンパーニュ滑らかなパテのように湯煎焼きをしたり、焼きあがった後に一晩寝かせる必要がなく、普通に焼いて温かいうちに食べることができる。

もう1つは他のパテ類よりも美味しいから (これは単に好みの問題ですけど)。

なので、ついつい作ってしまうのだが、気になることもある。

それは、焼き上がりの時に出てくる肉汁。

肉を焼くと全体が縮んでしまうのだけど、その時にできるパウンド型との隙間に肉汁が溜まる。これは肉の旨みなので、捨ててしまうのはもったいない。

作るたびにこれをとっておいたら300 mlぐらいになったので、そろそろ使わないと‥ と考えていたらパエリヤが思い浮かんだ。

パエリヤで最も大切なのはお米を炊くための美味しいスープ。肉汁はこれにぴったりだと思った次第。

パエリヤ4人分の場合、使うお米は2合、スープは800 mlとなる。このうちの300 mlを肉汁(出汁)でまかなおうということだ。残り500 ml用には市販の固形ブイヨン1個を溶かすことにした。

ベースが豚肉の出汁なので、具は豚のスペアリブにしたのだが、これがまた美味しいの美味しくないのって(もちろん美味しいんです 笑)。

今回、久々に妻大絶賛の1皿となった。機会があれば是非一度作ってみてもらいたい。

取り分けたスペアリブのパエリヤ
▲取り分けた豚スペアリブのパエリヤ

“続きを読む” をクリックするとレシピがみられます

続きを読む >>
スポンサーサイト
スペイン料理 | 23:55:14 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad