■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鶏皮せんべいチーズ
学生時代から今もまだ残っているカフェで妻とカレーを食べたのをきっかけに、新婚当時の家カレーを再現したりして最近ちょっとカレーづいている (^^)

その後、『カレーの恩返し』というミックススパイスの存在を知り、これを加えて作った市販のカレーの強烈な美味しさに衝撃を受けた。

その話は改めてすることとして、家長がカレーを作るときは基本的にチキンカレーだ。胸肉よりもも肉が好み。塊のまま買ってきて好きな大きさに切って使うのだが、レシピによっては炒めてから使う場合と生のまま鍋に入れる場合とがある。

生の場合、家長は皮を剥いでから使うのでカレーが仕上がった後に大きな皮シートが残ることになる。捨てるのはもったいないのでそんな場合は鶏皮せんべいを作ることにしている。

軽く塩コショウをしてカリッと焼き上げればとても美味しいおつまみになる (^^)

今回、冷蔵庫にいくつかのチーズを見つけたので、これらをスライスして乗せてみたらどうか試してみた。

すると、ゴルゴンゾーラとの相性がとてもいいことが分かった。ゴルゴンゾーラにはピリッとした刺激が特徴のピカンテと誰もが食べやすいドルチェ(甘口)とがあるが、今回使ったのはドルチェの方だった(妻はかなり気に入ったらしい)。

生の鶏皮はけっこう大きいが、火を通して油を除くと縮小してしまう。大した量は得られないが、おつまみによさそうだ。今回、家長は南アフリカ産の白ワインといっしょにいただいたが、なかなかいいとり合わせだった。

食材は余すところなく使いたいもの。鶏皮の扱いに困ったらぜひ鶏皮せんべいに!(^^)

鶏皮せんべいチーズ
▲焼きあがって時間をおいた鶏皮を切ろうとするとパリパリと割れてしまい思い通りの形にするのは難しいので、またフライパンから取り出してすぐに包丁を入れるのがよさそうだ。でも形にこだわらなければ何の問題もない(笑)
写真の一番上の列、右から二つがゴルゴンゾーラチーズを乗せたもの。真ん中の列はスモークしたナチュラルチーズ。一番下がマリボーチーズ。

南アフリカのシュナンブラン
▲今回、鶏皮せんべいチーズといっしょに飲んだのが南アフリカの白ワイン。シュナンブランというブドウ種のもの。元々はフランスはロワール川周辺の地域のブドウだが、南アフリカでは白ワインの大半がこのブドウから造られる。シュナンブランの別名 “スティーン” という名で紹介されているものもあるので、疑問に思ったらワインショップの店員さんに訊くのがいい。

その他 | 10:26:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad