■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

陳建一さん風 麻婆豆腐
陳建一風麻婆豆腐

実は8月7日のブログ以来もずっと麻婆豆腐作りに励んでいる。

たまたま陳建一さんの本格麻婆豆腐の作り方を動画サイトで見てしまい、家長の好奇心に火が点いた ^^;

以前、妻と二人で陳建一麻婆豆腐の店に入ったことがあるのだが、そこの麻婆豆腐の味はそれまでに食べてきたものとは全く違い、山椒の香りと辛味が印象的な美味しいものだった。

動画の中で陳さんが『今作ってるのは、本格的な麻婆を作ってるんでね』と言うのを聞いて、もしかしたらあの時食べたのに近いものが作れるのではないかと期待した次第。

それで出来上がったのが写真のもの。前に紹介した麻婆豆腐よりずっと濃い色になったのでドキドキしながら口にしたのだが、なんと、陳建一風に仕上がっていた (^^)

ポイントはなるべく彼のレシピに忠実に調味料を用意しておくことだと思う。こんなものどこに売ってるの?というような調味料もあっのだけど、探せばそれなりに見つけることができるので紹介させていただく。

レシピは陳建一さんの動画から家長が理解したものを文章にしてみた。末尾の “続きを読む” をクリックすると見られます。

豆板醤など
▲左から豆板醤(トウバンジャン)、甜麺醤(テンメンジャン)、豆豉(トウチ)。
豆板醤は皆さんご存知の通り。
甜麺醤は甘味噌として知られるようだが火を通すと強い香りが出るらしい。甜麺醤がないときはお味噌に醤油と砂糖と少しのごま油を混ぜると似たものになるらしい(それで土井善晴さんのレシピでは赤味噌を使っていたのか!と納得)。
豆豉は黒大豆に塩を加えて発酵させたもので粘り気のない塩辛い納豆のようなもの。豆の形で売っていなくてもペースト状になった豆豉醤というものは見つけやすい。

料理用紹興酒など
▲左からラー油、紹興酒、花椒醤。
ラー油も紹興酒も特に紹介する必要はないけど、料理用にこんな小さな容量のものが売っていますよという話。ラー油が55g(たぶん60 ml)、紹興酒が120 ml なので、時々作るのにはちょうどいい。
花椒醬は花椒(中国山椒)を加えて作った「食べるラー油」みたいなもの。麻婆豆腐の仕上げのところで陳さんが山椒油を加えるシーンがあったので、「山椒油」を探したのだけど、どこにも売っていなかった‥ その時にたまたま花椒醬を見つけて代用品になるかと使ってみた。まあ、でも、特に使わなくてもいいかもしれない ^^;

中国山椒
▲中華料理に使うのは中国山椒(花椒)のようなので買ってみた。普通に山椒という名前で売っているのは日本産のものらしいが、香りも辛味もけっこう違う。これを挽くために(安い)ミルも買った (^^)

続きを読む >>
スポンサーサイト
中華 | 14:33:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad