■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

大掃除の日の目玉焼き
目玉焼き

仕事納めをして、年末の休暇に入ったのでどんな楽しいことをしようかと考えていたら、どこからともなく『大掃除!』という声が聴こえてきた。

年に一日くらいは家族で掃除をする日があっても仕方ないと思うのだが、こういう日に限って娘達には大切な約束があるのだと言う。

何か釈然としないまま雑巾を手にするのだが、人というのは不思議なもの、最初は気が進まなくても一旦やり出すと細部にまでこだわって頑張ってしまう。気がつくとお昼をかなり回っていた。

エネルギー補給はしなければならないが、凝ったものを作る余裕はない。フランスパンが残っていたので、目玉焼きを作ってタンパク源にすることにした。

家長の目玉焼きは半熟が信条。味付けは黄身の上から塩コショウをパラパラと落とすだけ。いたってシンプルだがとても美味しい。妻にもとても喜ばれた。

お腹が満たされてまた元気が出て来たので、もうひと頑張りすることにした。


***** 家長の目玉焼きレシピ *****

卵はひとり当り2個。妻と二人で4個を使う。

フライパンにたまごを落とす
▲フライパンにオリーブオイルを垂らして火にかける(火は中~中弱火)。そこに卵を落として熱する。

黄身周辺へ塩コショウをする
▲フライパンに接している白身部分が白くなったら黄身の上に塩をして次に上の方から黒コショウを振る。黄身の上にしか塩をしないので、心持ち多めにする。

フタをしてたまごを蒸す
▲塩コショウをしたら、固まった白身の端をフライ返しで持ち上げて適当な量の水を流し入れ、フタをしてしばらく蒸す。

黄身の表面が白くなったら出来上がり。フライ返しを使って適当に分断し、皿に盛ったら食卓へ。

主食にはパンも良し、ご飯も良し。何をどうやって頂いても美味しいと思えるオーソドックスな一品。忙しいときには是非これを!

スポンサーサイト
その他 | 23:36:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad