FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

豚ロース肉のステーキ
『う〜ん、こんな日は何をつくろう‥』 と思うような日が誰にもあると思う。この場合、『こんな日』は何でもいい。自分が思いつくものを入れてみて欲しい。

そこに何を入れも対応できるのがステーキではないだろうか?

ただ焼くだけの簡単料理だけどメインデッシュとしての存在感があり、暑くても寒くても美味しく頂ける。前に鶏もも肉のステーキの作り方について書いたが、今回は豚ロース肉のステーキを紹介する。

味付けは塩と黒コショウだけ。両面にパラパラとかけ、すぐに焼いてもいいし、5分ぐらいしてからでもいい。もっと長く置いてもいいが、味に変わりはないと思う。

気をつけるのは、焼いているうちに肉が反らないように脂肪やスジに包丁で切れ目を入れておくことと、中までしっかり焼くことだ。

最初、強めの中火で片面をしっかり焼いてから中火に弱め、数分かけて中の方まで火を通す。肉の表面から肉汁が出て色が変化してきたように感じたら、強中火に戻して肉をひっくり返す。

表面に焦げ目が付くぐらいしっかり焼いたら(1分ぐらいだろうか)出来上がり。お皿に盛って食卓へ運ぼう。

豚ロースステーキ
▲今回のステーキにはゴルゴンゾーラと生クリームのニョッキを添えてみた。青カビチーズと生クリームでこってりしているので、量はそれぞれの好みに応じて決めるのがいい。

ゴルゴンゾーラと生クリームのニョッキは前に書いたゴルゴンゾーラのペンネを参考にして欲しい。ペンネの部分をニョッキに代えればいいだけだ。

【 ふたこと、みこと 】

肉を焼く時、フライパンにわずかに油をひいておくが、ロース肉の場合は脂肪が溶けてきて油が増えて行く。なので、時々キッチンペーパなどを使って余分な脂を取り除いてやろう。鶏もも肉のステーキのレシピで説明したのと同じ要領だ。

ステーキにする豚肉はあまり厚くない方がいい。少し厚いのではないかと思ったら肉たたきなどでのばしてやればいい(脂肪には包丁で切れ目を入れてやる)。調理し易くなるばかりか、筋などが分断されて食べ易くなる。

肉が反っても気にしない。フライ返しで押さえながら焼いて火が通ればいい。後は見た目の問題だが、家族で食べるのだから、そこはご愛嬌ということで。

スポンサーサイト



洋食 | 21:31:20 | トラックバック(0) | コメント(2)