■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい
タイトルは家長が小さかった頃にテレビから流れていた丸大ハムのCMキャッチコピーだ。

いくつかパターンがあったと思うが、息子を連れたワイルドな父親が(スギちゃんじゃないぜ)サバイバルナイフでかき切った厚切りハムを焚き火で炙ったりする。ハムからしたたり落ちる肉汁を見ながら、大人になったらやってみたいと思っていた。

時は流れ家長は大人になった。かなりの歳月を経ているので大人も大人、大の大人だ。しかし、いまだ厚切りハムを焼いたことがない。何故か?

忘れていたのだ、すっかりと。それ以前にハムを塊で買ったことがなかった‥ これを再び思い出させてくれたのが昨年末に我が家に届いたハムだった。

残り半分になったところでステーキに使うことにする。4等分すると1枚が2センチ強の厚さになった。家の中に焚き火するところが見当たらないのでキッチンのフライパンで焼くことに‥(残念)

ハムを焼く

焼き方は簡単。フライパンに少量のオリーブオイルを垂らして中火で熱したら、そこにハムを置いてじっくり焼く。きれいな焼き色がついたらひっくり返してまた同じように焼くだけだ。

今回、主食はフランスパン(バケットとバタール)。付け合わせにマッシュポテトとサラダを添えてみた。

ハムステーキ

適当に切って焼いただけなのだが、すごく美味しい!妻も娘にも大好評だった。簡単で美味しいって素晴らしい。心からそう思ったひと時だった。

食事に合わせてヤルデン シャルドネというイスラエルはゴランハイツワイナリーの白ワインを開ける。何故、このワインかと言うと、特に理由はない。ラベルに描かれたランプの絵に惹かれたのと値札に “お得” と書いてあったことだろうか。

豊かな果実味があり、辛口ながらふくよかな甘味が感じられる。誰にでも受け入れられるとても飲みやすいワインのように思う。

ヤルデン シャルドネ
▲ヤルデン シャルドネ(YARDEN Chardonnay)2010.
ヤルデンはゴランハイツワイナリー(Golan Heights Winery)のトップブランド。白と赤、色々なブドウ種のワインがラインナップされているが、だいたい2,000円台のようだ。このシャルドネは2,400円だった。

【 ふたこと、みこと 】

丸大ハムのコマーシャルのこと。
念のため、昔のものがYouTubeに出ていないか調べてみるといくつか見つけることができた。だが、家長がここに書いたようなシーンは見当たらない。ただ単にそれがアップロードされていないだけかも知れないし、家長の頭の中で色々なものがごっちゃになっているのかも知れない。おじさんの記憶なので大目にみて欲しい。

“わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい” は当時誰もが口にするくらい流行っていた。しかし、家長にはずっとひっかかっている言葉だ。『わんぱく?そりゃもう十分にたくましいでしょうよ』と思ってしまう。『わんぱくでもいい』ときたら『ひとに迷惑かけるなよ』だろうか?これじゃあ何のCMか分らないけど‥

ワインを買った後でワイナリーの名(Golan Heghts Winery)を知り複雑な気分になる。ゴラン高原と言えば、イスラエル、レバノン、ヨルダン、シリアの国境が接する場所で、シリアとイスラエルの係争地だ。調べてみるとそのブドウ畑の多くがゴラン高原にあった。ワインは確かに美味しいのだが、ただ美味しいとありがたがっていていいものか‥ 


スポンサーサイト
その他 | 00:03:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad