■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ちょっと高いワインも買うことにします
今回は「これからは2000円台のワインも買うことにしようと思います」というお話。

『イタリアワイン最強ガイド』(川頭義之著 文芸春秋社)という本を読んで「へぇ〜 なるほど!」と感心したのがきっかけだ。

家長は以前ここで1000円ぐらいのワインを買うのがポリシーだと書いていたので、それを黙って変える訳にはいかない。ここに変更することをお知らせする。

この本にはレストランへ行ってコース料理を楽しむ時にその値段より高いボトルワインを注文するのは馬鹿げていると書かれているのだが、「なるほど」と思う。

著者が想定しているのは5000円から6000円のコース料理。そうするとワインは高くても6000円ぐらいだろうか。レストランでのワインの価格というのはだいたい市価の 2~3倍らしいので、酒屋で入手すれば2000円台のものということになる。

それだから、この価格帯のワインを数多く飲んでおくといいというアドバイスだ。それにこの価格帯ではフランスワインよりもイタリアワインの方が圧倒的に充実しているのだそうだ。『これは!』という美味しいワインも少なくないらしい。

夕食どき、そんな “受け売り” を熱く語っていたら妻と娘達がとても素直に『いいね!』と言う。ニコニコして『その探究心を大切にして頑張って!』と。何かおかしい‥ 

下の娘:ところで、いつ?

 家長:何が?

上の娘:レストランにはいつ連れて行ってくれるのっていうこと。

 家長:???

  妻:コース料理をご馳走したいのでワインを勉強をするという話しでしょ?

 家長:も、もちろんそうだよ。 
    ええっと‥ あ、そうだ、(下の娘が成人して)我が家が全員お酒を飲める
    ようになったらば、そういう所へ行ってみたいと思ってね。

下の娘:私の誕生日のお祝いってことだね?楽しみにしてるよ!!

満面の笑みを浮かべながら固まってしまう家長だった。

エステ・ノイエのサルト
▲というわけで今回買ったのが写真のもの。
エステ・ノイエの “サルト” という白ワイン(シャルドネ100%)だが、2000円台半ばだった。エステ・ノイエはイタリアの高品質白ワインの産地で名を馳せるトレンティーノ=アルトアディジェ州に在るワイン蔵(共同組合)の名前。 “サルト” はブドウ畑の名前。川頭氏が著書の中で『絶対おすすめ100本のワイン』の3,000円以下クラスとしてリストアップされていたものの1本だ。
家長は大した知識がないのでこれを洒落た(小難しい)言葉で評したりは出来ないが、香りも味も素晴らしく、只々、美味しかった。


スポンサーサイト
ドリンク | 01:01:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad