FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

牛もも肉の赤ワイン煮
ホワイトデーが近付いてきた。
バレンタインデーには妻と娘たちから美味しいお菓子を作ってもらったので家長も何か特別なものを作ることにした(3月14日は平日なのでこの週末に)。特別な料理というのはやはり豪華に見えるものではないだろうか?

それにしてもいったい誰がこんな日を作ったのか‥

テキストブックのページををめくっているとブラザード・アル・バローロという牛肉の赤ワイン煮が目に留まった。これは牛肉の塊 1 kg をバローロ(ワインの名前)1本ぶんで煮込むというイタリアはピエモンテ州の料理だそうだ。間違いなく豪華だ。

近所の肉屋へ行き牛もも肉の塊を探すが 1 kgというものはない。800 g (約1000円)が最も大きかったのでそれを買って酒屋へ直行。バローロという赤ワインは確かにあったのだが1本が4000円近くした!

いくら何でも肉をその4倍もするワインで煮込むのはおかしい。バランスを考えれば肉を3~4倍高価なもにするか、1000円ぐらいのワインを使うかしない。或いは家族を引き連れてピエモンテ州に旅行に出かけるという手もあるが、誰が考えても答えは1つ。

“円高還元セールで更に値下げ!”と書いてあった770円のワイン(フルボディーだった)を買って帰り、料理にとりかかったのだが、それで出来上がったのが下の写真。

元々がどんな味なのか分らないが、これで十分に美味しく、家族には大好評だった。

牛もも肉の赤ワイン煮

下の “続きを読む” をクリックするとレシピが開きます。

続きを読む >>
スポンサーサイト



イタリアン | 11:28:48 | トラックバック(0) | コメント(0)