FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

フライパンの柄を買う
ラゴスティーナの柄

数年前に輸入雑貨店に出ていたイタリア製(ラゴスティーナというメーカー)のフライパンを見つけて購入しました。ワケあり商品で安かったんです ^^;

旧モデルの在庫整理品ながら、直径26センチで底が厚いステンレス製。しっかり調理できそうだし、ハンドルが脱着式で収納し易いののがいい。プラスチック製の脱着式両手ハンドル付きです。

これまでT-falのテフロンコーティングフライパンを使ってましたが、(テフロンが剥がれて)ダメになり、新しいのが欲しいと思っていた矢先のこと、飛びつきますよね?

ところが買ってみると、取り扱い説明書には調理中に両手ハンドルは付けないようにという注意書き ^^;

試しにハンドルを付けずに調理してみると、支える術のないフライパンでの料理がいかに大変かを思い知らされることに‥(笑)

ヤットコとかペンチとかを買って来てそれで脱着ハンドルの取り付け口を挟んで使えばいいと思いつつ、結局キッチンの棚に眠り続けることになったのでした。その結果、捨てるつもりだったT-falの焦げ付くフライパンはその地位を失わずに済んだのでした。

しかし、それももう限界となった頃、インターネットの通販でステンレス製の脱着式片手ハンドルを発見!『こ、こ、これだ!』と即注文。届いたものが冒頭の写真で、取り付けたのが下の写真。

どうです? いい感じでしょ♪

鍋に柄をつける

これで思う存分料理ができる!ということで、今回は牛肉を買ってきてステーキにしてみました。フライパンに柄がついたお陰で快適でした (^^)

ただひとつ問題が‥

このラゴスティーナの脱着式片手ハンドルですが、お手頃価格と思って購入した本体とあまり変わりらず、『なんだかなぁ』状態となってます(笑)

柄のついた鍋でステーキを焼く

スポンサーサイト



調理器具 | 11:38:50 | トラックバック(0) | コメント(2)
おすすめ調理器具:油はね防止ネット
料理は後片付けまでが1セット。
やりっ放しでは、せっかく美味しいものを作っても妻や娘たち煩わせることになるので気をつけよう。

調理後気になるのはレンジ周りの油汚れだ。汚すのをある程度抑えられれば掃除も苦にならない。そのための面白い調理器具があるので紹介する。

下の写真を見て欲しい。丸い枠に張ったステンレス製のネットをフライパンに被せてあるのだが、これが“ ”油はね防止ネット” だ。

油はね防止ネット

網が細かいので、はねた油の多くがここでトラップされる。その一方で、水蒸気が出て行くのは邪魔しない。
一般的なフライパンの蓋を使うと、中に蒸気がこもり、せっかくの炒め物が蒸し焼きになってしまう。しかしこの防止ネットならそういうことがない。また、網なので、これを被せた上からワインや水を足し加えることもできる。

何年か前に米国在住の友人が使っているのを知って欲しいと思ったのだが、日本国内ではなかなか見つからなかった。ネット販売しているものを見つけたら、一枚2千円もする。ちょっとコストパフォーマンスが悪いと悩んでいたところ、ニトリに数百円で売られているものを発見した。写真はその時に買ったもの。

直径が 30 cm あるので、およそどんなフライパンにも鍋にも使うことができる。
肉を炒めたり、トマトソースのような粘性の高いものを(蓋を全開にして)煮詰める時に最適だ。

調理が終わって洗う時は、中性洗剤で泡立てたスポンジでゴシゴシ擦ればいい。その後は水でよくすすいでおく。

調理道具‥ これが無ければ作れないと思えばやる気を削ぐ要因となりかねないが、これがあるのでより良く作ることができると思えれば更にやる気を高めることになる。状況に応じてうまく使うことができれば料理は楽しくなる。


調理器具 | 23:55:28 | トラックバック(0) | コメント(0)