■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

迷ったら最初にもどる
カレーの恩返しというミックススパイス加えて煮込んだカレーが想像を超えて美味しさだったことから、その鍵となるスパイスは何だろうと気になっていた。

すると妻が袋の裏書きを示して、ここにヒントがあると言う。原材料名の欄には含有量が多いものから順に記載してあるのだと教えてくれた(写真)。

『カレーの恩返し』の裏書き

ということは、カルダモンが最も多い成分ということになる。これに続くクミン、コリアンダー、ターメリックはどんなカレーレシピにも必ず出てくるスパイスだ。

それ以降で興味を覚えたのがクローブ(丁子)。甘酸っぱい独特の香りがあるのだが、これをカレーに入れようなどとは考えたこともなかった。じゃあ、なぜそんなスパイスを持っているのかと言うと、生姜シロップを作るため。

そう言えば、生姜シロップを作るときにはシナモンも使う。それを思い出したら急にシナモンとクローブの組み合わせに興味が湧いてきた。これに多めのカルダモンが鍵なのかも知れない。

そう思ったらこれらを使って作ってみたくて仕方ない。さっそく、スタータースパイス(最初に油に香り付けするスパイス)にカルダモンとクローブとシナモンを使うけれど、メインスパイス(料理の味を決めるスパイス)の種類が違うチキンカレー3種類を作ってみることにした。

一般的なカレーで誰の教科書にも出てくるようなスパイスチキンカレー、バターを使った濃厚なコクが特徴なバターチキンカレー、もうひとつはクミンの香りが優しいチキンの煮込みカレーだ。

出来上がったものはどれも美味しかった。妻も『 こんなカレーがあるのね!』と毎回満足そうだったけれど、自分たちが探しているカレーとは違うよね、という点で意見が一致していた。

それじゃあと、次はこれまで作っていた我が家のチキンカレーに戻ってみることにした。

そこで、これまで慣れ親しんできた味を確認した上で、そのレシピに何を足して何を引くか、ひとつずつ確認しながら方向を定めて行こうと思う。

迷ったら最初に戻る。そして再出発! 

時間がかかりそう (^^) 

いや、途中でカレーを食べ続けるのに飽きて止めてしまうかも知れない‥ 
そしたら、すんません ^^;

手羽元カレーとバターカレー
スパイスチキンカレー
▲上の左がバターチキンカレー、右がチキンの煮込みカレー、下がチキンスパイスカレーだが、これらは水野仁輔さんが著した『スパイスカレー事典』という本に載っていたレシピを参考にして作った。

スポンサーサイト
カレー | 20:30:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
カレーの恩返し?
カレーの恩返し

知り合いに最近家長はカレー作りに精を出しているという話をしたら、カレーの恩返しというのがあると教えられた。

それは市販のどんなカレーでも美味しくする魔法のミックススパイスなのだとか‥

そんなうまい話があるものだろうかと調べてみると、ほぼ日刊イトイ新聞(現在は「株式会社 ほぼ日」)社長の糸井重里氏が開発したものだった。

彼がカレーの恩返しを作るまでの道のりを紹介した記事がとても興味深かったので、つい買ってしまった (^^)

袋の裏に書いてある説明を読むと、ルゥを入れて煮込みに入る段階でこれを投入することになっている。適当量の油を加えて少し炒めてから入れるとより良いのだとか。

家長は一旦興味を持ってしまうとやってみなければ気が済まない。昨年11月に都心であったウォーキングイベントでもらったハウスの『熟成コクデミカレー』があったので、これに加えてみることにした。

せっかくなので、箱裏のレシピをアレンジして、ルゥを加えるところまでは家長流でやってみた。

と言っても面倒なことはやっていない。簡単なので以下に紹介しておく(量は4皿分)。

玉ねぎのみじん切りを炒める
⒈ 適当な大きさの鍋にサラダ油大さじ2を入れ、みじん切りにした玉ねぎ1個(200 gぐらい)を加えて薄いきつね色になるまで炒め、一旦火を止める。

⒉ フライパンに適当量の油をひいて、ひとくち大に切った鶏もも肉をフライパンで炒める。最初は皮を下にして置き、脂を出させながら焼き目がつくぐらいまで炒めて裏面も焼き、全体に火が通ったら、⒈の鍋に加える。

玉ねぎにソテーした鶏肉を合わせる
⒊ 再び火を付けて両方を絡めながら少しの間(1分程度)炒めたら、水を450 ml加えて強火にする。沸騰したら弱火にして15分くらい煮込む。

ルゥを入れてカレーの恩返しを加える
⒋ ルゥを4皿分割り入れて溶かしたら、「カレーの恩返し」を約30 g 加えて10分ぐらい煮込んだら完成(煮込みでは焦げないように時々かき混ぜることを忘れないようにしよう)。

華やかで忘れられない美味しさに!
⒌ ご飯と一緒にお皿に盛りつけたら食卓へ。

出来上がってきたものを妻と二人で食べてみたのだが、びっくりするほど美味しかった!あまりの美味しさに妻はこのスパイスの調合をぜひ解明してほしいと言い出す始末 ^^; 

家長にはそんな才能も器量もないので、代わりに水野仁輔氏が書いたスパイスカレー事典という本を買って勉強することにした。水野という人は糸井氏が「カレーの恩返し」のアイデアを得るきっかけを作ったカレーの専門家で、数多くの本を著している。

その中でもこの本は、カレースパイスを体系的に理解するのに優れたものであり、また、誰もが理解できるように色々な工夫がほどこされているのでオススメだ。

家長も初心に帰ってあれこれやってみようと思う。

カレー | 23:13:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
新婚カレー
青春のカレー

前に欧風ポークカレーを作ったという話を書いた。

妻には高評価をもらったのだが、その後、何かちょっと違うと思い始めたらしく、『新婚の頃に作っていたカレーが美味しくなかった?』という話になる ^^;

それで、あれをまた作ってみようということになったのだが、作り方をよく覚えていないと言うと、妻がレシピを持っていた!

それを見ながらキッチンに並んで立っていると、あの時はこうだったああだったと色々な記憶が蘇ってきて、新婚当時の思い出に花を咲かせる楽しいひと時となった。

出来上がったものは、懐かしい味だった。当時家長らは辛口カレーしか作らなかったので、娘たちが生まれて以降はひかえていたのだが、やっとの再開となった (^^) 

ものごとには「とき」というものがあるのだなぁと思った次第。

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます

続きを読む >>
カレー | 16:28:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
失敗できない欧風ポークカレー
欧風ポークカレー

先日、家長が学生時代に足を運んでいた喫茶店を妻と二人で訪ねる機会があった。

ちょうど昼時だったので看板メニューのカレーを注文したのだが、これが大変美味しかった!

カフェのカレーというやつだが、分類としては欧風カレーと呼んでいいのではないかと思う(日本のカレーと呼ぶべきかも知れないけど)。

これまでスパイスを自分で調合するインド風カレーにことにこだわっていた家長だが、欧風カレーにも挑戦してみようと思わせられる逸品だった。そこで、改めてカレーのレシピ本を見直してみる。

すると香取 薫 さんが著した『うまい、カレー。』(ナツメ社) の中の「デミグラススース缶を使うポークカレー」に目が止まる。

これなら作れそうだと思ったのだが、材料を見ると、市販のデミグラスソース缶やカレー粉、ブイヨンを使うと書いてある。これらを使えば美味しいカレーができて当たり前(のように思う)。

デミグラスソースなどの調味料

かくして、失敗してはいけないカレーを作ることになったのだった ^^;

期待通りに美味しいカレーが出来上がり、妻からは一緒に食べた喫茶店のカレーよりもずっと美味しい!と高評価をもらった。

誰にも簡単に作れるので是非、トライしてみてはいかがだろうか?

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます

続きを読む >>
カレー | 23:49:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
暑い日のお昼はカレー
いや〜 暑い暑い、溶けてしまいそう‥

あまりにも暑いと食欲も落ちてしまうが、こういう時にこそちゃんと食べて体力を養っておく必要がある。

そうすると、やはりカレーだな!ということで、お昼にエビのカレーを作ることにした。

ご飯を炊く気がしないので、ビーフンでいただくことにする。

辛味の元は青唐辛子。みじん切りを入れただけだがちょうどいい辛さだ。ココナッツミルクが入ってまろやかなのでとても食べやすい(もちおん美味しい!)妻もしっかり食べてくれた。

エネルギーを補給すれば暑い日の午後も安心だ。暑い日のメニューにおすすめの一品。

レシピは前に書いたものをご参照下さい。

エビのカレーをビーフンで
▲カボチャのポタージュのような色合いはココナッツミルクを多目に入れたせいだが、これが美味しい。

カレー | 09:24:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad