■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

フライシュ・ケーゼの出汁で作る特製《豚スペアリブのパエリヤ》
豚スペアリブのパエリヤ

ソーセージを腸詰にせずパウンドケーキの型で焼いたフライシュ・ケーゼが気に入っている。

その理由の1つは調理が簡単だから。パテ・ド・カンパーニュ滑らかなパテのように湯煎焼きをしたり、焼きあがった後に一晩寝かせる必要がなく、普通に焼いて温かいうちに食べることができる。

もう1つは他のパテ類よりも美味しいから (これは単に好みの問題ですけど)。

なので、ついつい作ってしまうのだが、気になることもある。

それは、焼き上がりの時に出てくる肉汁。

肉を焼くと全体が縮んでしまうのだけど、その時にできるパウンド型との隙間に肉汁が溜まる。これは肉の旨みなので、捨ててしまうのはもったいない。

作るたびにこれをとっておいたら300 mlぐらいになったので、そろそろ使わないと‥ と考えていたらパエリヤが思い浮かんだ。

パエリヤで最も大切なのはお米を炊くための美味しいスープ。肉汁はこれにぴったりだと思った次第。

パエリヤ4人分の場合、使うお米は2合、スープは800 mlとなる。このうちの300 mlを肉汁(出汁)でまかなおうということだ。残り500 ml用には市販の固形ブイヨン1個を溶かすことにした。

ベースが豚肉の出汁なので、具は豚のスペアリブにしたのだが、これがまた美味しいの美味しくないのって(もちろん美味しいんです 笑)。

今回、久々に妻大絶賛の1皿となった。機会があれば是非一度作ってみてもらいたい。

取り分けたスペアリブのパエリヤ
▲取り分けた豚スペアリブのパエリヤ

“続きを読む” をクリックするとレシピがみられます

続きを読む >>
スポンサーサイト
スペイン料理 | 23:55:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
シェーラ・ソーシッスで作る豚挽肉とブロッコリーのコンキリエ
豚挽肉とブロッコリーのコンキリエの完成

前回、ソーセージの中身を腸詰にせずパウンド型で焼いたフライシュ・ケーゼについて紹介した。

その 「ソーゼージの中身」 で思い出したのだが、何度か記事にしたブロッコリーと挽肉のコンキリエは元々生ソーセージをちぎって使うというレシピだった。

ところが、生ソーセージを売っているところが見つからない。それで代わりに適当に塩コショウをした引き引くを使っていたのだが、フライシュ・ケーゼの材料が生ソーセージそのものだった。

そこで、今回、このソーセージの中身(フランス語で『シェーラ・ソーシッス』と言うのだそうだ)を使って豚挽肉とブロッコリーのコンキリエを作ってみたので紹介する。

*** 準備 ***
材料(4人分):

シェーラ・ソーシッスの材料

豚挽肉・・・・・・・・・・・・・・・・300 g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・8g
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・5g
黒コショウ(粉)・・・・・・・・・・・適当(1g前後)

ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・1片
オリーブオイル・・・・・・・・・・・・少々
白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・50 cc

ブロッコリー・・・・・・・・・・・・・1コ

パスタ(コンキリエ)・・・・・・・・・300 g

*** 調理の前に ***

シェーラ・ソーシッスを作る:

⒈ 塩と砂糖を計ったら適当な容器に入れ、水100 mlを加えて良く溶かしておく。調理を始める少し前に(冷蔵庫の製氷機でつくられる)氷を二つくらい入れてかき混ぜ冷水にするが氷は完全に溶けなくていい。

⒉ ボウルに挽肉を入れて木べらなどで軽く混ぜたら、1の塩と砂糖を溶かした冷水を加えて全体をよく混ぜる。

⒊ しばらくすると水がなくなり全体に粘り気が出てくるので、コショウを振りながら全体に行き渡るように混ぜる。

ブロッコリーは小房に切り分けておく。

ニンニクは木べらや包丁の腹で押さえて潰しておく

*** 調理 ***

1.鍋に3~4リットルの水を入れ沸かし始める(パスタとブロッコリーを茹でるためのもの)。

⒉ お湯が沸いたら1%強の濃度になるように塩を加える。

シェーラ・ソーシッスをフライパンに敷く
⒊ フライパンに少量のオリーブオイルを垂らしでキッチンペーパーなどで全体にのばしたら、その上に前処理して味付けした挽肉(シェーラ・ソーシッス)を敷き詰めて火を点ける。

火を入れたらヘラで格子状に分断する
⒋ 脂が溶け出したシェーラ・ソーシッスを木べら(或いはフライ返し)を使って格子状に分断して行く。全体に熱が通ったら、白ワインを加えて強火にしアルコールを飛ばしたら一旦火を消して待つ。

⒌ パスタ(コンキリエ)をゆで始める。袋に表示した時間の通り(12分ぐらい)だが、5分を過ぎた頃にブロッコリーを投入し、パスタを一緒にゆでる。

茹でたブロッコリーを加えて混ぜる
⒍ 数分したらブロッコリーを網じゃくしですくって3のフライパンに加え、再び火を点けてブロッコリーと挽肉の塊をよく混ぜながら炒める。

⒎ 茹で上がったコンキリエのお湯を切り、5のフライパンに投入してよく和える。

⒏ 火を止めてお皿に盛ったら完成!

久々にこの料理を口にしたが、とても美味しかった (^^) 以前の適当に塩コショウした挽肉を使ったものとどれだけ味が違っているかはよく分からなかったが、シェーラ・ソーシッスという名前の下に調理したらなんとなく有難い気分になった(笑) 皆さんも是非作ってみてはいかがだろう。前に書いたレシピも参考にしていただけると思う。

続きを読む >>
イタリアン | 23:27:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
フライシュ・ケーゼ
今回は久々にシャルキュトリー(ハムやソーセージ、パテ、テリーヌなど食肉加工品の総称)。

フライシュ・ケーゼというソーセージの材料を腸詰めせずに、パウンドケーキ型で焼いたものを作ってみた。ネット検索すると「ドイツ版ミートローフ」などと紹介されている。

これまでに作ってきたパテとの違いは豚挽肉だけを使い、レバー生クリーム、卵などは加えないところ。塩と砂糖と胡椒と水で練って焼くのだけど、湯煎焼きにせず、普通に焼くだけだ。

ソーセージ好きの家長は、『え〜 なにコレ?簡単そう!』と思えたので試してみたのだった (^^)

焼きあがったフライシュケーゼ
▲焼きあがったフライシュ・ケーゼ。粗熱がとれ、パウンド型から出したところ。

切り分けたフライシュケーゼ
▲1/8に切り分けたフライシュ・ケーゼ。今回はひよこ豆を混ぜて焼いた。

前に紹介したパテと違って、焼きあがって間もないものを熱いうちに食べるのがオススメだ。冷えていても美味しいが、適当な厚さに切ったものの表面を焼いて食べたりもするらしい。サンドイッチの具にすればお弁当にもちょうどいい。

妻にはパテよりもずっと評判がいい。皆さんもぜひ一度作ってみてはいかがだろう (^^)

“続きを読む” をクリックするとレシピが見られます

続きを読む >>
ドイツ料理 | 13:41:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
病みつきの『黒蜜きな粉アイスクリーム』
先日入ったカフェで口にした黒蜜きな粉のソフトクリームにびっくり!美味しいの美味しくないのって、もちろん美味しいんです(笑)

翌日、妻がコンロの前でせっせと何かを煮詰めている。覗いてみると黒蜜だった。

その翌日、帰宅するとアイスクリームときな粉が買ってあった。

夕食後には、デザートでアイスが出てきたのだが、黒蜜ときな粉も出てきて好きなだけ使っていいと言う。

好きなだけと言ったって、程度というものがある。どうすればいいのかと戸惑っていると妻がさっさと作り始めた。

バニラアイスに黒蜜をかける

アイスクリーム(森永のMOWのバニラ)のカップの縁にヘラ状のアイス用スプーンを差し込んで隙間をつくり、中身を全てお皿に出す。

その上に大量の黒蜜を垂らすのだが、黒蜜が頂上に留まることができず、周りに垂れ始めて行く(上の写真)。そうしたら、上からきな粉をこれでもかというくらい振りかけてやる。

すると、黒蜜の上に乗ったきな粉の塊がアイスの表面を滑り流れて行き、頂上の縁のあたりから転げ落ちて行くのだった(下の写真)

いや〜、黒蜜好きにもほどがある ^^;

ちょっとそれはやり過ぎなんじゃないの?と言いながら、味見させてもらうと、これが何と美味しいことか!

気がつくと、自分のアイスにはもっとたくさんの黒蜜を垂らし、きな粉を振っていた。そしてあっという間に食べ尽くしてしまった。

何とも危険な美味しさだが、一度は食べてみる価値のあるデザートだ? 多分一度では終わらないと思うけど(^^)

黒蜜きな粉アイスクリーム

その他 | 22:47:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
鱈のアラとエリンギのペペロンチーノ
鱈のアラとエリンギのペペロンチーノ
▲鱈が小さく崩れてしまい見た目はいまひとつだけど、妻には好評の鱈のアラとエリンギのペペロンチーノ

今回は久々にパスタを作る (^^) 具はタラのアラとエリンギだ。

前に買ったエリンギが残っているという。使って欲しいというのでパスタの具にしようと考えた。

他に必要なものがあれば、冷蔵庫の中のものを使っていいと言う。それで鱈のアラをタンパク源にしたペペロンチーノを作ることにした。

簡単だが、以下にレシピを紹介する。

ニンニクのスライスでオイルソースを作る
⒈ まずは、ニンニクのオイルソースを作るのだが、今回はニンニクをスライスしたもので香り付けした。唐辛子は種を除いたものを3つ入れてピリッと辛いものにした。

オイルソースでエリンギを炒める
⒉ ニンニクの香りがオイルに付き、スライスが茶色く染まってきたら、菜箸で取り除き、厚めの輪切りにしたエリンギを加える。

タラを加えて炒める
⒊ エリンギに火が通ったら、軽く塩コショウをしておいた鱈のアラを加えて炒める。

⒋ 鱈の色が白く変化したた、適当量の白ワインを加え、(強火で)アルコールと水分を飛ばす。

⒌ パスタをお湯に入れて茹で始め、茹で上がる少し前に茹で汁をレードルですくってエリンギと鱈を炒めている鍋に(或いはフライパンに)加える。

⒍ 鍋を小刻みによく振ってソースを乳化したら、パスタに和えて出来上がり。

見た目はいまひとつのところがあるが、ニンニクの香りと唐辛子のピリッとした辛味が食欲を刺激する美味しい一品になった。

あまり時間はないが、しっかり食べておきたいという時のランチなどに最適だ。魚は何でもいいと思うが、エリンギには白身魚が合うような気がする。

参考になれば幸いです (^^)

イタリアン | 23:33:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad