FC2ブログ
 
■プロフィール

ムーミン家長

Author:ムーミン家長
どこにでもいるごく普通のムーミン似のお父さん。スナフキン似の妻とノンノン似の娘たちと暮らしている。
人生を折り返したある日、家族平和こそが世界平和へつながる原点だと確信。ムーミン家の長として、世界平和に貢献すべく週末シェフを務めることに。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ご来訪の方々

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

10回目のポルケッタ
10回目のポルケッタ

夏の終わりくらいからでしょうか、土日のどちらかにはポルケッタを焼くようにしてきましたが、今回、10回目を迎えました (^^)

だから何?と言われそうですが、1回に使う豚バラ肉の塊が大体1.5キロぐらいなので、15キロの肉を使ったことになります。えっ、肉15キロも!と思ったら何か書かなきゃとなったのでした(笑)

さすがにこれだけ作り続けるとレシピを見て確認することがなくなりました。自然と体が動きます。

レシピの詳細は前に書いた通りですが、コツを少し書いてみます。

⑴ まず、一番大事だと思うのは肉をしっかりと室温にもどしておくこと。1.5キロともなるとけっこう大きいですから、料理する日は朝から冷蔵庫の外に出しておくといいですね。もちろん季節によりますが ^^;

⑵ オーブンに入れる前、フライパンでポルケッタの周囲(脂の部分)を焼きますが、これでもかというくらいこんがりと焼き上げます。下の写真がそれですが、外見だけだともうオーブンに入れる必要がないのじゃないかと思うくらいに焼いています。肉ロールの最外側の脂肪はほとんど溶け出してしまい、内側にもそれなりの熱が伝わってきています。こういう状態でオーブンに入れると1時間も入れておけば内部にしっかりと熱が通ります。

そうそう、外側の脂肪には包丁を使って格子状の切れ目をしっかりとつけておいてください。脂肪がしっかりと溶け出すのを助けてくれます。

周囲をしっかり焼く

⑶ 肉の厚みが5センチくらいある場合はその半分くらいのところに包丁を入れ2センチくらいの厚みのシートにします。バラ肉の塊は長方形ですが、その一方の短辺から包丁をいれて(魚の二枚おろしのように)切り進んで行きます。最後は2センチくらい手前で切るのを止め肉が繋がったままにしておきます。そしてこの肉シートを本を見開きで広げるようにしておいて、ここに塩をしてオリーブオイルとハーブペーストを塗ったら端からクルクルと巻いて行って紐で縛って固定します。こうすることで肉ロールの内側までしっかりと熱と味(ハーブペースト)が行き渡るようになります。

下の写真はオーブンに入れ200℃で1時間焼いた後のポルケッタの写真。上のオーブンに入れる前と外見は変わらないように見えるかも知れませんが、中身が全く違います。火がしっかり通った証拠に全体が少し縮んでいます。それで縦糸の張力がなくなり外れそうな感じですね (^^)

こんがり焼き上げる

⑷ 最後に、ポルケッタをオーブンで焼くと時にはトレイに玉ねぎのスライスを敷き詰めておくといいです。何も敷かないで、例えばクッキングペーパー、或いはアルミホイルだけを敷いておくと、ポルケッタから垂れ落ちてくる肉汁と脂が焼けてしまい、煙を出すことになります。家長はこれを防ぐためにオリーブオイルでよく和えた玉ねぎのスライスを敷き詰めその上に網などを置いて(ポルケッタが玉ねぎのスライスに沈まないようにして)焼きます。
家長の家のオーブンレンジは隅っこが熱くなって焦げてしまうので、その部分は厚いニンジン敷いたりしています。ポルケッタを焼き上げた後は玉ねぎもニンジンも旨味が出てとても美味しくなっているので、これらはそのまま付け合わせに使っています(冒頭の写真をご参照ください)。

パリパリと切り分ける

いろいろ書きましtが、一番大切なのは肉をしっかりと常温に戻すということです。皆様もどうぞ美味しいポルケッタをお作りください。これからやってくるクリスマスで、腕をふるってはいかがでしょうか。絶賛されますよ、きっと (^^)

スポンサーサイト



イタリアン | 22:27:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
豚バラ肉のブレゼ
お皿に盛り付ける

家長の家にはテレビがありません。

完全地デジ化の時にテレビは映らなくてもいいと決めて以来、ずっとそのままです。が、YouTubeは観ます。何を観るかと言うと、レシピものです (^^) 

最近、ポルケッタ作りにハマって、毎週のように作ってきましたが、それと同時にYouTubeでポルケッタのレシピをよく観ます。ただ、アメリカやイタリアの動画だと巨大な豚バラ肉を屋外のバーベキューオーブンで焼いたりしていてあまり参考になりません。

そんな時に、フライパンでできる豚バラ肉のブレゼという料理が出て来たのでした。「コレだ!」と思ってさっそく作ってみることに。

そして出来たのが冒頭の写真。いや〜、なかなか美味しいですんですよ、これが。

今回はこの作り方を紹介します(^^)

《準備》
豚バラ肉は 500 g〜800 g の塊を使います(YouTubleでは500 gの肉を使っていました)。肉の重量の1%に当たる量の塩を用意し、肉の表と裏、横などにまんべんに振っておきます。

玉ねぎ1個をスライスしておきます(皮を剥いたら包丁で半分に切り、その半分を線維に沿って薄く切って行きます。もう一方も同じようにスライスして合わせます)。

ニンジンはピラーで皮を剥き、適当な大きさに(縦に)切っておきます。

白ワインを50 mL、水を100 mL 。

ローリエ1枚、そして手に入ればタイムを2枝くらい用意しておきます。

《調理》

脂肪からこんがり焼く
⒈ フライパンを火にかけ豚バラ肉を脂肪の方からしっかり焼きます。今回家長は700 gの豚バラ肉の塊を使いましたが、一本だと大きいので、真ん中から切って2本の塊にして調理しました。家長のフライパンはテフロン加工していないので、最初は少しオリーブオイルを垂らしておいて、そこに肉を乗せます。

端っこもこんがりと焼く
⒉ 脂肪の面に焦げ目が出来るくらいこんがり焼いたら、火は中火にして裏面、そして側面を焼いて行きます。肉の切り口も写真のようにしてしっかり焼きました。

玉ねぎを炒める
⒊ 豚肉の脂肪が溶け出すのでこれを使って玉ねぎを炒めます。2の炒めた豚肉は一旦てきとうな容器に移しておき、脂が溶け出たフライパンに玉ねぎのスライスを加えて炒めます。

⒋ 強火にして玉ねぎが透明になるまで炒めたら、白ワイン50 mLを加えます。沸騰させてアルコールぶんを飛ばしたら、水を加えます。

玉ねぎの上にバラ肉を乗せる
⒌ 取り分けておいた炒めた豚バラ肉を戻します。その周りにニンジンを置き、タイムがあれば、2枝くらい添えましょう。

フタをしたら弱火にする
⒍ フタをしたら強火にし、一旦沸騰させたら弱火に変えてコトコト煮込みます。今回、この写真を撮ったすぐ後に肉を横向きに置き直しました。ですから上の5の写真と下の7の写真では肉の向きが違っています。

出来上がり
⒎ 2時間したら火を止めます。フタを開けて肉を取り出し、お皿に盛り付けします。フライパンに残った玉ねぎとニンジンを付け合わせたら完成。

今回、700 gのバラ肉を半分にして調理しましたが、この半分を更に半分にして妻と分け合いました。残りのもう一切れは平日の夕食用に使うことにして冷蔵庫で保存しました(食べる時は電子レンジで温めていただきます)。

調理に時間はかかりますが、作り方はとても簡単!肉がホロホロと崩れるように柔らかくなって美味しいですよ。是非一度作ってみてください(^^)

フレンチ | 22:38:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
風が吹けばおいなりさん
桜の塩漬いなり

前回のブログをスキップしてしまいました ^^;

ブログを始めて8年と約6ヶ月、毎週の記事更新に努めてきたのに残念です ^^;

残念ついでで申し訳ないのですが、今回は家長のレシピ紹介ではなく妻においなりさんをつくってもらいましたというお話。

なんかね〜、アレなんですよ。最近忙しくて手が回らない感じなんです。仕事でなぜか雑用が増えているんですよねー

それでつい、週末に仕事を持ち帰ってしまうんです(極力避けているんですが)。そうすると料理をする時間がとれなくなったりして難儀します。

この4月から働き方改革って始まったじゃないですか。それで就業時間後もちょっと残って仕事を片付けて帰るってことができなくなりました。残業を付けるわけじゃないんですが、それが(付けないのが)いけないらしい。

そうすると、残業を付けるか帰るかということになりますよね? 最終的にどうなるかはご想像にお任せしますが、その結果、妻が作った美味しいおいなりさんを食べられるようになってしまいました。“風が吹けば桶屋が儲かる” ってやつでしょうか?

こちらはパソコンに向かってお絵描きに専念していましたのでレシピは分からないのですが、上に乗っているピンクのヤツは桜の塩漬けです。酢飯には黒ごまをパラパラと混ぜてあります。

この色合いがいいと思いません?実際美味しいし、ついつい食べ過ぎてしまいました。幸せです(^^)

お腹が満たされると眠たくなりますよね?はい、もうバタンキューです(意味は分かります?)

たまにはいいでしょ、こういうことも(笑)

和食 | 22:48:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
台風の日
ローズマリーとタイム

土曜日(10月12日)は強力な台風19号が関東に上陸するというので、その日、家長は家から一歩も出ませんでした。いや、出ないつもりだったんですが、数歩出てしまいました(どういうことか以下に書いてあります)。

この日は鉄道は午前中は本数を減らして運行し、午後2時には全線で運休するということだったので、午前中は買い物に出かけようと考えていました。

ところが、スーパーマーケットは大規模店から中小まで全てが休業!スーパーに限らず開いている店を探すのが困難な状態に… それ以前に外は新聞を取りに出るのも躊躇するくらいの凄い風雨状態。

まあ、しかし、もしかしたらこんなことになるかも知れないと、金曜日の夜に(仕事が終わった後)、帰路とは逆方向へ二駅ほど行って1.5 kgの豚バラ肉の塊を買っておいたのでした。もちろんポルケッタを作るためです (^^) 

我ながらいい感してる!と、朝から準備にとりかかったのですが、ハーブペーストを作らねばならない段になって固まってしまいました。

ハーブをとってこなきゃいけない ^^; 

我が家にはローズマリーとタイムが生えていてお店で買う必要がないのがポルケッタを気軽に作る理由でもあるのですが、そのためには外へでなきゃいけない。この風雨の中を…

我が家にある一番大きな傘を開き、その柄をを左肩と首で挟んで固定したらハサミを右手にローズマリーの先端部を摘んで行きます。

これで十分というほどかき集めたら、家と道路の境界へ移動し、しゃがみ込んでタイムを摘みました。これもできるだけ沢山採って行きます。

結局、何のための傘だったのかというくらいにびしょびしょに濡れ、ミッションコンプリート。下着から上着まですべて着替えて再び台所へ立ったのでした ^^;

こんな目にあいながら手にしたローズマリーとタイムが冒頭の写真。
これで作ったハーブペーストを存分に塗りたくって作ったポルケッタが下の写真になります (^^) 
玉ねぎとジャガイモを一緒に焼いて付け合わせにしましたが、美味しかった!!

10月12日のポルケッタ

妻と二人ですから、1.5 kgの肉の塊は過剰量。今回の分を食べてもあと3食分はありました。

今回は、妻も時間何か作ろうということで、前回紹介したエンゼルパイのようなものを作ってくれました(下の写真)。

これだけ食べ物があれば、仮に台風で孤立しても数日は凌げそうです。

そんなことにならないことを願うばかりですが、地震や火山の噴火など何が起こるか分かりませんよね。いざという時の備えは大切です。そんなことを考えさせられる今週末でした ^^;

チョコレートコートのマシュマロクッキー

その他 | 21:48:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
エンゼルパイ、「それライクなもの」を作ってもらう
エンゼルパイのようなもの

昔々、遠足のおやつにエンゼルパイを買い3つの衝撃を受けました。
「えぇっ、なに、この食感!」
「えぇっ、なに、この美味しさ!」
「えぇっ、なんで1個だけしか入ってないの?」。

最初の2つに負けて1個だけでも買い続けた結果、すっかりエンゼルパイ好きな家長となったのでした。

そんな話をしていたら妻が「それライクなもの」を作ってあげようか?というので、お願いすることに!

ちなみに、“それライク” とは “それ-like”、つまり「それらしい」という意味の我が家オリジナルの造語です(^^)

作り方はシンプル。クッキーにマシュマロを挟んでサンドイッチ状にしておき、チョコレートでコーティングするというもの。ご興味のある方はぜひトライしてみてください。

ビスケットにマシュマロを挟む
⒈ 写真のように直径3センチぐらいのクッキーを用意します。そこに適当な大きさのマシュマロを置き、焦げない程度にトースターで焼いたら、クッキーをもう1枚上から重ねておきます。

この後、コーティング用のチョコレートを溶かします。

湯煎でチョコを溶かす
⒉ どんな種類でもいいので、好みのチョコレートを買って来て削ぐように包丁で細かく切り刻みます(写真左)。それを湯煎でしっかり溶かします(写真右)。

チョコをコーティングする
⒊ マシュマロサンドビスケットを写真のようなステンレス網の台に乗せ、この上から溶かしたチョコレートをたっぷりかけて全体が包まれるようにコーティングします(底はコーティングされません)。

⒋ しばらく放っておいて、チョコレートが固まったら完成です。好きなだけ気が済むまで食べてください(笑)

家長もつい食べ過ぎてしまいました… ありがとうね (^^) 

その他 | 15:13:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ